【実話】私が実際に体験した不思議な、ちょっと怖い話、こんなことってあなたは信じますか

これは、私が実際に体験した話です。


 

デパートでエレベータを待っていた。しばらく来ないので、幾人もが並んで待っていた列の先頭にいた。

やっと来たエレベーターに乗り込もうとすると、小さな男の子が下りてきた。

私は、男の子が下りる前に乗り込んでしまい、その子に「済まない」と思った。

目的階のボタンを押そうとしたら、後ろに並んでいた人たちは誰もエレベーターに乗って来ない。

不思議な気はしたが、誰も乗ろうとしないので、そのままドアを閉めた。

ふと見ると、さっき下りたはずの男の子が乗っている。

男の子が乗ったところは見ていない。

誰も乗って来ないわけが分かった。男の子の異様さが誰の目にも明らかだったのだ。

そう思った瞬間に意識を失った。


お地蔵さん

気が付くと、エレベーター内で仰向けに倒れていた。

誰かが私の上に乗っている。

男の子だ。

いや違う。男の子と思っていたがそうではない。

お地蔵さんだ。それも苦悩を滲ませた顔をしたお地蔵さんだ。

必死で、どかそうと力を込めたが、どかすことができない。

重たさは感じなかった。

重くはないが、どかすことができない。

私は、宗教なんかはやっていないが、恐怖のあまり、お経が口から突いて出た。

前に、テレビ漫画「一休さん」でやっていた中で覚えた一説だ。

正しいかどうかなんか分からない、適当なものだ。

「かんじ~ざいぼ~さつ、はんにゃ~は~らみたし~」

大声で叫ぶように唱えた。


 

お経を唱えると目が覚めた。自分のお経の声で目が覚めたのだ。本当に唱えていたのだ。

びっしりと汗をかいていた。

不思議な夢を見たものだと思った。また寝ようと思ったが、目が覚めて寝れない。

はっきりと目が覚めている中、不思議な音を聞いた。

階下からゴーン、ゴーンという鐘の音のような、違うような音だ。

しばらく鳴っては、止み、止んだら、また鳴る。

妻との寝室は別々だ。妻は1階、私は2階に寝ている。

言いようのない恐怖感に襲われた。

妻の身に何かあったのかも知れない。

慌てて1階に下りた途端、音が止んだ。

妻の様子を見た。

妻は冷たくなっていた。


 

なんてことは、もちろんない。

本当の話なのだから。

寝息が聞こえたので安心して、寝室に戻った。

翌朝、この話を妻にしたら、妻も同じ夢を見たという。

ただ、ちょっと違っていたのは、お地蔵さんではなくて、天使だったということだ。

天使の表情までは分からなかったそうだ。

エレベータのくだりは全く同じだった。


 

これらは何かを示唆しているのだろうか。妻の夢と私の夢が若干違うことも気になる。

鐘の音は何かの聞き間違え、夢は偶然かも知れない。

でも、夢はリアル過ぎるし、鐘の音は確かに鳴っていた。同じ夢を同時に妻も見ることも解せない。

そう考えると不安が増してきた。


実は、翌朝とは、今日のことで、つい、先ほどの話なのだ。

妻の話を聞いて、ブログに今、綴っている。


 

最近は、毎日、ブログの更新ができている。

もしも、明日以降、ブログの更新が止まっていたら、何かあったと思ってもらって構わない。

ブログが続いていることを願ってる。


■ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ