定年後に再任用するかどうか迷いに迷った話。定年後も働かないとこんなことになる

私は定年後に再任用すべきかどうか迷いに迷いました。そのときの考えを記しますので、同じように考えている人の参考になればと思います。

若いころから、アーリーリタイアに憧れていました。働くことが嫌いというわけではないのですが、色々とやりたいことがあり、とてもじゃないがずっと働いてはいたくないと思っていたのです。しかし、親の遺産があるわけでなく、何か特別な技術・技能を持っているわけでもない者としては、働かないと食べては行けないという現実は厳しいものでした。

アーリーリタイアまでは行かなくとも、何とか、定年3年前あたりには辞めて、悠々自適の生活を送ろうと夢見ていたのですが、現実にはそれすらも叶いませんでした。恐らく、大方の人は私と同じ境遇にあると思います。

60歳で定年になると退職金がもらえます。私の場合年金が出る65歳まで、この退職金を切り崩すことで生活ができる計算になっていました。65歳からは妻の年金と合わせると何とか喰うには困らない。そう考えると定年後の再任用をするべきかどうか本当に迷いました。世の中には定年後も働かなくては生活できない人もいることを考えると幸せな悩みかも知れないが本当に悩んだのです。

若い時からのシナリオでは再任用などはあり得ない話なのですが、現実に目を向けるとそうは行かないことを改めて知らされました。

確かに退職金を切り崩すことで生活はできますが、1年間350万円の生活費がかかるとすると、当たり前ですが、働くことでその分の貯金を減らさずに済みます。

350万を貯めることなど容易なことではないのですが、1年間同じような形で働くだけで自動的に350万円が貯まるとことは何と魅力的ではないでしょうか。

そう考えると再任用の一択しかないはずなのですが、なぜ、迷ったかというと持病のことがあったからです。実は、糖尿病を患っていて、投薬で何とか落ち着いてはいるのですが、血糖値が高いと免疫力が弱くなるようで風邪を引きやすく体力に自信がないのです。働くことは全然問題ないのですが、この先、どれだけ健康を維持できるかを考えると、これからの人生で1年1年がとても貴重な時間となり、そんななか、働いてなんかいられない、というような気持ちがあるのです。

そこで、再任用のメリットデメリットを次のように書けるだけ書き出して熟考を重ねました。

再任用をしないとどうなるか、再任用をしないメリットは何か

・健康体になれる
今まで忙しく働いてきた。精神的にもなかなかハードだった。そうした日々がなくなり、減量にも本格的に取り組むことができて健康体になれる。

・早期に趣味を満喫できる
今までやりたいと思っていた趣味であるが、海外旅行、英会話など時間をかけて思いきりできる。世界一周の旅にも出ることができる。人生60歳~75歳を黄金の15年と言うがこの黄金期を早期に迎えることができる。

・退職する前年に有給休暇を使い切ることができる
これを書いたときは59歳だが、はっきり言ってもう仕事には疲れてきている。休めるものなら休みたいが再任用となれば休暇が引き継がれるので休むわけにいかないが再任用しないとなれば休み放題となる。

 

これに対して、再任用をしないデメリットは

・収入がなくなり、生活が大変になる。
年間350万円もの収入がなくなることになり、退職金を切り崩すとなると、今までと同じ生活を送ることはできなくなる。特に下記の社会保険料等の負担でアップアップとなる。

・貯金が減るので精神的にきつくなる
毎月、毎月、残高が減って行き、増えることのない預金通帳を見ていくことは本当に大変なことと思う。

・暇になり過ぎて精神的にきつくなる
「終わった人」という小説を読んだことがあるだろうか。退職してやることがなくなった主人公の悲哀を描いているが、本当にこのようになってしまいそうだ。小説の主人公は幸か不幸かその後にドラマがあったので(だから小説になる)まだ良いが市井の人である私は本当に何もやることがなくなってしまうのではないか。

・翌年の住民税がバカ高い
所得税は当年中で収支計算がされるが、住民税は翌年度課税である。現役最後の年となると所得も相応であることから、働いていないと翌年、手持ち金から住民税を払わなくてはならない。うん十万円の支出となる。

・健康保険料がバカ高い
これも前年所得で計算されるのでバカ高い。任意継続を使ったとしても私の場合はうん十万円の支出となる。国民健康保険ならもっともっと高額だった。何とかならないかと考えたところ、自分で起業して社会保険料を払えば事業主負担と合わせても、最低の賃金とするなら30万円程度で収まることがわかった。会社設立費用が別途かかったり企業の住民税がかかったりと他にも支出が出るが、会社設立の経験をすることができるのはメリットと思い、再任用しないのなら本気でそうしようと思った。

 

配偶者への相談はどうしたか

妻には相談していませんでした。なぜなら、妻へは若い時から洗脳しておいたので相談したとしても「あなたの好きなようにすれば」と言うのが分かり切っていたからです。どうやって洗脳したかと言えば、難しいことではなく、昔から「俺は定年3年前で仕事を辞める」と言っておいただけです。そう言っておくと、定年まで勤め上げた現在の状態は「御の字」であってその後までは望まないということになります。若い方がこれを読んでいたら今からこう言っておくのが良いでしょう。定年後まで「あんた働きなさい」と言われることこそ嫌なことはないですから。

結局はどうしたか

考えに考えたあげく、どうしたかと言うと、結論が出ませんでした。本当に結論が出なかったのです。だからどうしたかというと、丁半ではないですが、あるときの血糖値の値で決めようという他力本願としました。つまり、そのときの血糖値が上がっていたら、今後の上昇が懸念されるので健康のために再任用しない。血糖値が十分に低ければ当面の危機はないとして再任用するとの考えです。

そうして受診した結果、今までの最低値となっていたので、再任用することとしました。なんかくだらない落ちで「すまん」

 


■ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ