気が付かないうちに10万円を貯めるたった1つの方法【男性専用?「いつの間にか貯金」の紹介】

お金を貯めるのは大変なことです。でも気が付かないうちに10万円ぐらい貯まっていたらうれしいと思いませんか。

以前、このような内容でネットに出ていた記事は「500円貯金をする」というものでした。500円玉が財布に入ってきた都度貯金をするというもので、親切にも専用の貯金箱までも紹介していました。

お釣りなどで500円玉を手にした都度に貯金をすれば確かに貯まりそうなのですが、これって常に500円玉に注意していなくてはならず、結構気を遣ってしまいます。一度やろうかなと思ったのですが、自分のズボラな性格から考えると絶対に続かないと思い止めた記憶があります。

それに対して、今回紹介するのは、「いつの間にか貯金」です。名前のとおり本当にいつの間にか貯まっているというもので、これは500円玉貯金と違い、貯金そのものをしている感覚さえないものです。というか、私はこれを貯金だとは思っていませんでしたが、結果的に毎回10万円ほどが貯まっていたのです。

それでは「いつの間にか貯金」の方法は

すみません、前置きが長くなりました。良く、何か売りつけようとするときは、このように大分煽っておいて詳細はメールでなどと言いますが、本サイトではそのようなことはありません。

その方法は小銭貯金です。何だタダの小銭貯金かと思うでしょうが、そうです単にそれだけです。

ただ、その方法というのが、ちょっと変わっていまして財布を分厚くするというものです。カードでも名刺でも何でも良いので財布を厚くしておいてください。お札で厚くなっていれば良いのですが、そもそもそうした人は小銭貯金などしないでしょうから、何でも良いので財布の中に何か入れて厚くしておくのです。

その状態のなか、小銭が財布に入ってきたらどうですか。違和感がありませんか?男性は普段ズボンのお尻のポケットに財布を入れていますので、財布が分厚くなっていると違和感を感じてしまいます。なので、財布を薄くしようと無意識のうちに小銭を避(よ)けておく癖がつくのです。そういう意味で男性専用となります。誰ですが変なことを考えていたのは?

もちろん女性でもズボンなどを普段から履いている人は活用できます。

「いつの間にか貯金」は本当にいつの間にかお金が貯まる

私はこの方法を意識していたのではなく、結果としてそうした行動をとっていたので毎回10万円ほどいつの間にか貯まっていました。貯金という意識は全くなく、ただ、ただ、財布の違和感をなくすということのみに意識を集中していたのです。

結局、この方法は貯金をする早道と後で思いついた次第です。本当にいつの間にか、気が付かないうちにお金が貯まっていたのです。

もちろん、この方法は無意識でやる必要はありません。貯金なので、意図的に行えば良いのです。意図的にお金を避けると無意識にやるよりお金が早く貯まるのは言うまでもありません。

要は、小銭が財布にあると思ったときにその小銭を貯金するのです。一日1回とか回数を決める必要もありません。気が付いたとき、財布の違和感を感じたときにやれば良いだけです。

全ての小銭を貯金する必要もありません。いくらでも良いのです。気が付いたときに貯金したい額だけ、よっこするのです。

このように額も関係なければ、期間も関係ありません。何も考える必要がないし、考えていないので本当に「いつの間にか」貯まるのです。努力や目標などといったものは一切ありません。

「いつの間にか貯金」には残念ながら欠点がある

ただ、この方法も欠点がふたつあります。ひとつは、目標を定めないので、いついつまでにいくら貯めなければならないという場合には不向きなこと、それと、いつの間にか目減りしているということです。どうも妻が拝借しているらしいです。

なので、通常の貯金は別に行い、併用してこの「いつの間にか貯金」をすることです。

ここで、お金を貯める入れ物ですが、部屋のインテリアに合うように私の場合は高そうな灰皿にしておき、自分の背より若干低い棚に置いておきました。こうすることにより違和感なくお金を置いておくことができます。


■ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ