図書館

私は読書が好きです。月に数冊は読むのですが、今迄は、本というものは買って手元に置いておかなくてはならないものと思っていました

理由は分かりませんが、何となく、読んだ本は手元に置いておきたい、いつでも見ていたいと思っていたのです。

本があると資産が増えるような感じがして、得をしたように思えるのです。いや、思っていました。

ですから、本棚には本がびっしり詰まっています。

あるとき、これだけ本があっても常に読む本は決まっているので、本の保存はどうあるべきかと思い始めました。

本は買って読むのが正解なのか

今更のような気もするのですが、一度読んだ本を再度読むということは、特定の本を除き殆どないことに気が付きました。

そう思うと、今まで本に大枚をはたいて来たのが、何となく無駄に感じるようになってしまいました。

ですから、この1年ほど、本には殆どお金をかけていません。本を読んでいないのかと言われれば、そうではなく、今まで以上に読んでいます。

どうやって読んでいるかというと図書館から借りて読むのです。

今まで、図書館が、わが町にいくつもあることは知っていましたが、全く利用していませんでした。

利用をし始めると、こんな良いことはないと、つくづく実感しています。

図書館のインターネット蔵書検索は最高

わが町の図書館はインターネットシステムが導入されていて、本の検索のためにわざわざ図書館に出向く必要はありません。インターネットで町の図書館全ての蔵書から検索して、予約すると、自分が貸出を希望する図書館へ本を転送してもらえて、そこで受け取ることができるようになっています。

インターネットで検索して借りることができるのです。

ですから、相当数の蔵書の中を検索できて、手軽に身近な図書館で借りれるという、すこぶる便利なシステムになっています。

見ようによっては、町中の図書館が、インターネット上で、ひとつの図書館に集約されているかのようです。

私は職場の近くに図書館があるので、わざわざ図書館に行くために外出する必要がなく、いつも昼休みに借りています。

おそらく、どこの町でもこうしたシステムを使っていると思いますので、本当に便利になったとものだと思っています。

本の購入を取捨選択するために図書館を利用しよう

もちろん、気に入った本、残しておきたい本、再度読むことが予想される本は図書館で借りてから、別に自分で購入するようにします。

本を買って読んでいたときには、読み終わった後に、「こんな本なんか買わなければ良かった」と後悔したことは一度や二度ではありません。

図書館を利用して、読んでから購入すると、価値がない本は買わないので、こうした後悔は当然なくなります。

このように、図書館を利用すると、事前に欲しい本を読むことができて、本当に手元に置いておくべき本かどうかが判断でき、無駄に本を買うことがなくなります。

この、「必要な本は購入する」というのはミソだと思います。せっかくその本を読んでも読みっぱなしで終わっては何も残りません。良い本であればあるほど、後々、読み返してこそ価値が出て来るというものです。

このように、図書館は、本を読むだけとうことではなくて、本当に良い本を取捨選択するためにこそ利用するべきものと思っています。

借りて、読んで終わりではなく、その後に必要な本を購入するために図書館を利用するのです。

図書館利用のメリット、デメリット

図書館利用のメリット、デメリットはもちろんあります。
自分に取ってメリットの方が大きいと思えたならば、図書館を利用することを絶対にお勧めします。

メリット

1 先ず、第一にお金がかからないことです。
今まで、本代には相当お金をかけてきました。オークションで手に入れるということもやっていたのですが、それでも結構な金額を支払っていました。でも、それが全部、タダになったのです。タダより安いものはありません。タダで本が読めるのは最高です。

2 もう読まないと思う本が無駄に溜まらず、本棚が整理されます。
なかなか本は捨てることができずに、先述のとおり、部屋は本で一杯で本当に足の踏み場もありませんでした。断腸の思いで整理していたのですが、図書館を利用し始めてから、本は増えずに、本棚をきれいに整理することができています。

3 既に廃版になってるなどで、手に入らない本を読むことができます。
私は歴史ものが結構好きで読むのですが、歴史に古いも新しいもありません。ですから、結構、昔の本も重宝します。そうした本は既に廃版であることが多く、読みたくても読めないのが多いのですが、そうした本も図書館でなら読むことができます。

デメリット

1 本を借りたら返しに行かなくてはなりません。
図書館の利用は、その図書館の自習室で本を読むことと、借りることのふたつがありますが、まとまった時間がないので、私は主に借りて読んでいます。通勤時間に読むこともでき大変重宝するのですが、当然、借りたら返しにいかなくてはなりません。まあ、これが手間と言えば手間と思います。

2 借りる期間が定められています。
自分の本と違い、借りる期間が定められます。しかし、2週間程度の期間であることが多いので、計画的に本を借りていれば、借りている期間内で読み終わらないことはないのですが、期限が限られるのが面倒という人もいるのは事実です。

3 出版したての本は借りるのに時間がかかる場合があります。
出版したて等で、人気がある本は、結構待たされるときがあります。借り手が多いので、これは仕方ないことと思います。


■ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ