①マレーシアMM2Hビザの取得方法、苦労して申請した経過を記録

■お勧めはマレーシア

海外に住んでみたい。そうした思いを抱いている方は多いと思う。

どの国に行くかは、貴方の好きなところとなるだろうが、個人的には、何といってもお勧めはマレーシア。治安、住みやすさ、どれを取ってもマレーシアには一日の長がある。

物価は生活のしやすさを左右する。マレーシアはインフレで一時期よりも物の値段は上昇しているとは言え、まだまだ日本の物価に比べれば安く、生活費もそれほどかからない。

マレー系、インド系、中華系と3つの人種が共存していて、それぞれが一定の距離を保ちながら生活していることにも興味が湧く。街中ではこうした人たちを普通にみかけて、見ているだけでも面白い。

食べ物も美味しく、屋台は日本とは違い普通に食事をする場所との位置づけで、メニューも豊富にある。

■MM2Hビザとは何か

海外に住むためにはその国のビザを取得しなくてはならない。マレーシアも例外ではない。3か月以内の滞在であれば日本人はビザを必要としないが、長期間の滞在には当然ビザが必要となる。

マレーシアに長期間滞在できるビザは、就労ビザ、学生ビザなどいくつかあるが、ここで紹介するのは「マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム」、いわゆるMM2Hビザ。

このビザを取得すると、10年間はマレーシアに住んだり、行ったり来たりすることができる。更新もできる。

極めつけは、マレーシアで定期預金を開設できるということだ。尤も、定期預金を開設するのがこのMM2Hビザの取得要件であるのだが。

私の場合は、もちろんマレーシアが好きということもあるが、この口座開設が主目的であり、金利の良いマレーシアで銀行口座を開設したいから、MM2Hのビザを取得しようとした。

余談だが、銀行口座に関しは、これから日本はハイパーインフレになり、口座残高が二束三文になる可能性がある。そうならないまでも、物価上昇に伴う目減りは避けられない。このため手持ちのお金はいくつかの口座に分け、海外の口座にも保有しておく必要がある。マレーシアの金利は3パーセント以上であるし、リスク分散のためには、このように海外に口座を持つことは大変有意義なことだ。

この口座開設に関しては詳しくはこちらで。

■MM2H申請ができる条件

50歳未満と以上とに分けられている。
[aside type=”normal”] 50歳未満
最低50万リンギット(約1350万円)以上の財産証明と月額1万リンギット(約27万円)以上の収入証明、仮承認がおりた後はそのうちの30万リンギット(約810万円)をマレーシアの金融機関に 定期預金すること。

[aside type=”normal”]
50歳以上は
最低35万リンギット(約945万円)以上の財産証明と月額1万リンギット(約27万円)以上の収入証明又は年金証明、仮承認がおりた後はそのうちの15万リンギット(約405万円)をマレーシアの金融機に定期預金すること。