ロトくじゲイル理論解説

ロトくじのゲイル理論とは何か

ゲイル理論とはゲイル・ハワードが作ったロトくじの数字の選択方法である。

ロトを当てる理論はいくつも出ているが、理論とは名ばかりで、何をやっているのか良く分からないものが殆どである。その中で、ゲイル理論は、過去の状況を徹底的に分析して今後を予想するというもので、考えられるあらゆる方法を論理的に解析してる。

この理論は簡単に言うと、偏りを抽出し予測するというもので、例えば、サイコロを5回振って偶然1~5が出たとする。それでは6回目を予想すると何であるか。答えは明白だ。

ロト6の場合、43個の数字から選ぶので確立はどの数字でも1/43のはずである。実際にはどうか。例えば100回までを見ると、ボーナス数字を含めて一番多く出ているのは28の25回、一番少ないのは22の14回である。最多と最小では半分とまでは行かないが、相当の開きがあるのが分かる。読者の方は、「それは絶対数が少ないからだ、回を重ねるごとにその差は収斂されて行く」と思う方もいると思うが、それでは執筆段階での最新回である846回までを見てみよう。最多は27で160回、最小は9で123回である。確かに収斂されつつはあるが、その差は36回も異なっている。つまり、どの数字も同じだけの確立ではあるものの、それは数学的な話であり、実際にはそのとおりにはなっていないということである。それでは、なぜ、そうなるのであろうか。それの原因は2つある。ひとつは物理的な偏りである。これは、何にせよ全て同一にはできないということ。存在自体が何らかのくせをもつということである。サイコロを例に取ってみてもその6面の作り、内部の素材の均一性、全てが同じということにはならない。他方、プログラムの世界を見てみよう。プログラムで乱数を作成するとその種毎に、一定の方向性が定まり、全くのランダムということにはならない。そこで乱数プログラムの作者は様々な方法を使いいかに均一になるかに普請しているのである。次の理由は時間軸に対する偏りである。これこそがゲイル理論が最も重きを置く部分である。これは、確かに確率論てきには一定の方向に収斂されるが、その過程で一定の偏りが発生するということである。その偏りを発見し推測するのが重要というものである。これはゲイル理論の主要部分を構築している。

 

■飛び期間の偏り追跡

ゲイル理論の主要な位置を占める理論である。簡単に言うと、長期間出ていない数字はそろそろ出現するだろう、最近、集中して出ている数字はこれからも出るであろうということで分析をする。前者をコールドナンバー、後者をホットナンバーと言い、ゲイル理論では「ホットとコールド」と呼んでいる。すなわち、ホットナンバーは最近10回以内の抽選のうちで当選した数字のこと、コールドナンバーとは逆に当選しなかった数字である。これを知るためには、それぞれの数字のはずれた回数をカウントする。
はずれた回数をカウントし、次の本数字の中で、何個のホットナンバーが当選し、何個のコールドナンバーが当選するかを予想するのである。

第875回を見てみよう。図①を見てもらいたい。3番目の数字は11であるが、その数字が前回出たのは第871回である。この間、872回から874回まで出ていない。この出ていない回数の期間を飛び期間を言う。この間に出なかったのは3回である。このため、飛3欄は3となっている。本ソフトでは、飛び期間、はずれ回数をレイアウトの関係上「飛」とか「飛数」などと簡単に表しているので承知いただきたい。
「L10」とは当選した本数時の中に何個ホットナンバーが入っていたかを表している。図②を見てもらいたい。第876回であるが、飛び期間は「13-3-0-3-11-6-」である。ボーナスはカウントしていない。10以下の数字は「3-0-3-6」の4個である。このため、L10は4となっている。これの期間計算をしたのが図③である。初回から現在までの全てのL10の平均が「全期間平均」で4.681となっている。「指定期間まで」とは下の「計算期間」で計算されたもので、デフォルトで10回前までとなっている。すなわち、図④であるが、この時点での最終回である第876回から10回遡る第867回までのL10の合計は47であるため平均は4.7となっている。直近10回までは、ホットナンバーは全期間平均より若干多くなっている。

「飛合計」とは、はずれ回数を合計したものである。L10とともに見ていくと、ホットナンバーとコールドナンバーをどのような割合で選択することができるか判断することができる。ここでも全期間と指定期間までが計算されている。

図⑤は飛び期間が0~4の個数である。すなわち、ホットナンバー中のホットナンバーで、指定回まで何回出たがのランキングである。図の場合飛数3が最多の13個、次が1で10個ということが分かる。

■奇数、偶数の偏りチャート

奇数、偶数の偏りチャートは、直前までの5回、又は10回の奇数偶数の数を比較して次回の奇数と偶数の出現比率を予想するものである。奇数、偶数は確率的には半々に出る。しかし、毎回、必ず半々になるかと言えばそうではない。必ず偏りが生じている。例えば、前5回で奇数が20回出て偶数が10回でた場合は「奇数=+10」、偶数が17回で奇数が13回の場合は「偶数=+4」とする。ここで、連続して奇数が多い場合は次は偶数が多くなることが予想され、偶数の数字がとても多いと次回は奇数が多くなると予想される。予想数字が2つありどちらかを選択しなくてはならない場合は奇数が多く出ていれば偶数を、逆であれば奇数をという選択が可能となる。また、850回までの過去の数値を見るとロト6の場合は、各回の奇数と偶数の差が2以下が697回、2より大きいのは157回で 81.5%が2以下となっている。このことを考えるとす全てを奇数、又は偶数にすることや奇数や偶数をただのひとつだけ選択することがどれほど当選の確率を減らしていることが分かるであろう。 なお、この数字はボーナス数字を含めない。

■大小の偏りチャート

大小の偏りチャートは、ロト数字を大小ふたつのグループに分け、次回の大数字と小数字の出現比率を予想するものである。ミニロトの場合は15を境にロト6の場合は23を境に大小に分けている。直前までの5回、又は10回の大小の比率を分析し、次回は大を多くするか、小を多くするかを決めることができる。

例えば、前5回で大数字が20回出て小数字が10回でた場合は「大=+10」、小数字が17回で大数字が13回の場合は「小=+4」とする。ここで、連続して大数字が多い場合は次は小数字が多くなることが予想され、逆に小数字の数字がとても多いと次回は大数字が多くなると予想される。予想数字が2つありどちらかを選択しなくてはならない場合は大数字が多く出ていれば小数字を、逆であれば大数字をという選択が可能となる。

また、850回までの過去の数値を見るとロト6の場合は、各回の大数字と小数字の差が2以下が697回、2より大きいのは157回で 81.5%が2以下となっている。このことを考えるとす全てを奇数、又は偶数にすることや奇数や偶数をただのひとつだけ選択することがどれほど当選の確率を減らしていることが分かるであろう。 なお、この数字はボーナス数字を含めない。

■合計の偏りチャート

合計の偏りチャートは、出た数字をそれぞれ加算して得られる数字から次回の合計を予想するものである。例えば、ロト6で「5,9,15,20,25,40」が出たとすると、5+9+15+20+25+40=114とするものである。どの数値も同率で出現するとすると、少ない数字や多い数字に偏るということはない。このことは確率的に数字の合計は中心に集約されるということでミニロトの場合は75から85まで、ロト6の場合は   が一番多く出ている。

合計の偏り分析は中心点から小さい値になっているか、大きな値になっているかで予測することができる。小さな合計結果が続いている場合は、次回は大きな合計が出ることが予想され、また、とても小さな合計であれば次回以降はバランスを回復するために大きな数字の合計となることも予想される。

合計の偏りチャートは大小の偏りチャートとも関係がある。大きな数字が多く出ると予想した場合は、当然合計数は多くなる。逆に小さい数字が多く出ると予想した場合は合計数は少なくなる。このように両者を重ね合わせながら検討をすることでより当選に近づくことができるようになる。

■末尾の偏り追跡チャート

末尾の偏り追跡チャートはロト数字を0から9までの10個の末尾を集団化して、直前までの5回ないしは10回の数字を分析して予想するものである。例えば、数字の末尾が5の数字は過去10回までで何回出たか、1はどうか、2はどうかなどとしてみて行くことである。ロト6の場合第850回の時点では、直前10回では最大が数字9で3回、最小は数字8で9回である。確率的には等しく出現するはずであるが、実際には最大と最小では3倍もの違いが生じている。この結果、当選数字に末尾の偏りが生じているのが分かる。もちろん、この場合は次回の末尾は大幅に少なくしか出ていない9を選択することとなる。末尾表で分かるとおり、全ての末尾が同じくなることは過去1度もない。語呂合わせ的に全ての末尾を同一にすることが無意味なことがはっきりと分かるものである。

■数字集団の偏り追跡チャート

数字集団の偏り追跡チャートは、ロト数字をそれぞれ5つのグループに分け、次回はどの数字集団が多く出るかを予想するものである、数字集団が連続して3回以上出現していない場合は、その集団は当選する時期に入ったこととなり、逆に数多く出現していれば、その集団は当選しなくなる可能性が多くなる。この分析は直前10回で行うのが基本であるが、例えば直前5回、10回、全ての回などの期間を区切り、それぞれの回を比較することで行うこともできる。もしも、2つの集団からは選択する必要がないとすると、例えばロト6の場合は43個の数字が33個の数字になったと同じくなり、それだけ当選確率が高まることとなる。なお、この数字はボーナス数字を含めない。

■同伴数字チャート

同伴数字チャートは、ある数字が他の数字とどのぐらい一緒に当選しているかを見るものである。当選する確立の高いと思われるひとつの選択数字があれば、過去その数字と一緒に当選している率が高い数字を選ぶのは効果的である。

図①の左端にロト数字で、数字の行を選択すると②でグラフが表示される。各数字の実数個数は③で知ることができる。

■当選チャートは、当選数字のランキングの一覧を見てどの数字がホットになっているかを知るチャートである。ゲイル理論では特に、過去10回、25回、50回、全ての抽選、という4つの期間でチャートを活用するのが有効としている。これらの、期間が異なる当選チャートを比較することで、全体的にどの数字がホットになっているかが分かるのである。なお、このチャートは短期的トロ傾向を示すものであることから、ボーナス数字を含めないで分析するのが基本であるが、傾向を見る点に着目するならば、ボーナス数字を含めた合計やボーナスのみを分析することもできる。

それでは、ソフトを見てみよう。

当選数字のランキングの一覧グラフと値で表示しており、一番少ない出現回数から一番多い出現回数まで一目で見ることができる。真ん中のリストを見てもらいたい。本数字、ボーナス数字、合計とあり、項目欄の数字がそれぞれ何回出ているかが表示されている。グラフは起動時には合計が表示されているが、このリストで見たい部分をクリックするとそのグラフとなる。試しに、ボーナス数字と書かれたリスト部分をクリックしてもらいたい。ボーナスの数字だけなので極端に数が減っているのがグラフ上でも分かるだろう。次に回数の指定については、実は二つの方法がある。計算ボタンが二つあり、それぞれのパネルで計算を行うことができる。下のボタンの部分では

起動時には1回から現在までの全てで集計している。ここでは抽選回の範囲を指定して一覧を作成することができるので、どの数字が旬になっているかが一目で分かる。「■計算個数、回前までを計算」と書かれているとおり、現在の回を基準として、指定回まで遡り計算する。つまり10回前として、現在が900回だとすると801回から900回までの10回を計算することになる。ゲイル理論では特に、過去10回、25回、50回、全ての抽選で見るのが良いのでここのボタンで集計するのが早道となる。次に、上部の計算ボタンでは任意の好きな期間を設定して見ることができる。オリジナル論理で指定期間を変更して考察するのも面白いと思う。

■となり組チャート

とは、15-16のように連続する数字が当選数字となる場合だ。ソフトではとなり組が出現した場合にその出現した数字を表示している。ソフトで計算されているとおりロトにおいては、となり組が出現する割合は多い。この数字とそれぞれが出現する間隔を飛び期間の例により予想することで効果的に数字を選択することができる。

■パーセンテージシステム

パーセンテージシステムとはホットナンバーに着眼して数字選択を行うものである。当選数字の約87%が直近10回の抽選期間に、約66%が5回以内に、約50%が5回以内に当選しているということが一般的に言われており、こうした直近の状況を判断しての数字選択は効果的である。

この図においては、直近10回の状況を見やすいように表示するとともに直近10回のうちに2回以上出現したものをピックアップしてランキングしている。更に、そのうちで前5回以内にも出現している数字をランキングし、ホットナンバーの把握を容易にしている。

■①ゲイラーソフトのインストール

2018.07.21

■②ゲイラーソフトを先ずは使ってみる

2018.07.21

■③ゲイラーソフトで数字診断

2018.07.21

■④ロトデータのダウンロード

2018.07.21

■⑤ロトくじのマークシート印刷

2018.07.21

■⑥ロトくじの当選確認

2018.07.21

■⑦ゲイラーソフトのソフト登録方法 

2018.07.21

■ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ